we 犬や猫と暮らす人のライフスタイルショップ   [Information]配送遅延に関するお知らせ

ようこそ ゲスト 様 

GO





















































































































































































































































LIFE > 熱中症対策について

熱中症対策について

FEATURE CONTENTS
人も犬も猫も、命に関わる「熱中症」の予防と対策についてまとめました。






人も犬も猫も、命にかかわる大きな問題の「熱中症」

ニュースでも毎日伝えられている通り、今年の夏は「危険な暑さ」です。

ですが、熱中症は正しく予防できれば、100%回避できるとも言われています。

愛犬、愛猫の熱中症を防いであげられるのは、オーナーさんだけですので、
空調や飲み水の管理に十分に気をつけてあげることはもちろんのこと、
「もしかして熱中症?」という初期症状があらわれたら、すぐに気づいてあげられるようにしていきましょう。



熱中症にならないために



<1.環境について>


犬と猫の飼育の適正温度は18〜28℃。
湿度は40〜60%が適正で、30%以下、70%以上になってはならないとされています。

気温だけでなく、湿度にも注意が必要ですので、お留守番時の空調管理は当たり前ですが、一緒にお家にいるときにも、変わった様子はないか気にかけるようにしていきましょう。


夏の間はケージ犬小屋の位置も見直して、日が当たらない場所に移動してあげることも大切です。

また、「クールマット」をベッドの中などに置いてあげると、寝ている間に熱がこもりにくくなりますし、電気不要で使えて、停電などの不測の事態にも役立ちますので、用意しておくと安心です。





<2.お散歩について>

お散歩の時間は気温が上がる前の早朝か、日の沈んだ時間帯に行くようにしましょう。

日中のアスファルトは、60℃以上になってしまうこともあり火傷の危険もあります。


また、特に体の小さな小型犬は地面とからだの距離が極端に近いため、照り返しの暑さをダイレクトに受けるのは、容易に想像できますね。

最近は、朝8時前にすでに30℃を超えてしまう日も珍しくありませんので、朝ならOK!ではなく、その日その日の天候にあわせて、危険を避けていきましょう。







<3.水分補給>

そして、もっとも大切な、水分補給。

水分をしっかり補給するためには、流れるお水が飲水欲求を刺激する「ウォーターファウンテン」を取り入れたり、
吸収率の良い水分をたくさん得ることができる生肉の手作りごはんを与えたり、
お水に風味をつける「ふりかけ」を使うのも効果的です。

一度に大量に飲んでも排尿量や回数が増えるだけなので、少しずつ何回かに分けて与えることが脱水・熱中症予防のポイントです。


またドライフードを主食にしている犬猫たちは、十分な水分を確保できていないケースが多いため、飲水量のチェックも習慣づけていきましょう。

シニアは枯渇感が低下しあまり水を飲まなく待ってしまうことから、さらに脱水症になりやすくなりますので、特に気をつけてください。

(水分補給についての詳しい特集は、こちら






熱中症の症状は?





犬や猫は汗腺が少なく、体温調整がすぐにできません。

犬はパンティング(口呼吸)によって体温の調整を行っていますが、気温や室温が体温よりも高くなったり、運動などによってからだに熱がたまってしまうと、パンティングでの体温調整が追いつかなくなってしまいます。

また猫は、主に毛づくろいで体温調整をしていますが、パンティングを長くしている様子が見られたら、危険信号です。


【熱中症の初期症状】
  • パンティング(口呼吸)が荒い
  • ぐったりしていて元気がない
  • ネバネバのよだれが出る
  • 歩くとふらふらしている
  • 食欲がない
  • 心拍数の増加  など


【熱中症が重度の場合】
  • 嘔吐
  • 下痢
  • けいれん
  • 意識不明  など

そして対処が遅れてしまうと、死亡にいたるケースがあります。






熱中症かも!?と思ったら





熱中症の症状が見られたら、まずはすぐにからだを冷ます処置をしましょう。

冷房のきいた室内や、車の中でも冷房をきかせて休ませたり、からだに水をかけて熱を冷ましてあげます。

濡らしたタオルをからだに巻いてから、流水をかけると全身に水がいきわたりやすくなります。

この場合、水が冷たすぎると、からだの毛細血管が収縮して、かえって体温を放散しなくなってしまいますので、氷水などを使う必要はありません。

特にそけい部やわきの下、足の裏を冷やしてあげると効果的です。


また、すぐに動物病院へ連れて行くようにしてください。







旅行やキャンプなど、楽しいことがたくさん待っている夏。

また、日々のお散歩だって、夏の間中お休みしているわけにはいきませんから、
十分な対策・予防をしながら、暑い季節を乗り切っていきましょう。







RECOMMEND ITEM



ご注文はこちらから各アイテムをクリックしてご覧ください。
Click on your order item to view the details of an order.































 
weは犬や猫と暮らす人のライフスタイルショップです。
犬小屋などのインテリアグッズや家具の製造、
馬肉などの手作りごはん食材、おやつなどの
開発と販売をしているお店です。
copyright (c) 2011 we company. all rights reserved.